三原舞依「ワクワクが100%です」苦戦続くSP改善に取り組み自信

公式練習で調整する三原舞依(カメラ・酒井 悠一)
公式練習で調整する三原舞依(カメラ・酒井 悠一)

◆フィギュアスケート全日本選手権(21日開幕・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 フィギュアスケートの平昌五輪最終代表選考会を兼ねる全日本選手権は21日に調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。宮原知子(19)=関大=、樋口新葉(16)=日本橋女学館高=が優勢と見られる2枠を巡る女の争いは激化。本田真凜(16)=大阪・関大高=は自らデザインした金の鳥の新衣装で大逆転切符へ羽ばたき、三原舞依(18)、坂本花織(17)=ともにシスメックス=も食らいつく。男子は欠場の羽生結弦(23)=ANA=と、連覇がかかる宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は代表入りが確実。「第3の男」が注目を集める。

 2017年四大陸選手権を制し、フリー日本女子歴代1位の得点記録を持つ三原は、「いよいよ全日本が始まる。ワクワクが100%です」と、満面の笑みを浮かべた。今季のGPシリーズでは中国杯、フランス杯共に4位。今大会は苦戦が続くSPの改善に取り組み、「(練習で)1日1回はノーミスで演技して帰ると決めた。それが達成できたという自信がある」と語った。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請