本田真凜、自らデザイン「金の鳥」新衣装で大逆転平昌切符狙う

全日本フィギュアの公式練習で調整した本田(カメラ・酒井 悠一)
全日本フィギュアの公式練習で調整した本田(カメラ・酒井 悠一)

◆フィギュアスケート全日本選手権(21日開幕・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 フィギュアスケートの平昌五輪最終代表選考会を兼ねる全日本選手権は21日に調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。宮原知子(19)=関大=、樋口新葉(16)=日本橋女学館高=が優勢と見られる2枠を巡る女の争いは激化。本田真凜(16)=大阪・関大高=は自らデザインした金の鳥の新衣装で大逆転切符へ羽ばたき、三原舞依(18)、坂本花織(17)=ともにシスメックス=も食らいつく。男子は欠場の羽生結弦(23)=ANA=と、連覇がかかる宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は代表入りが確実。「第3の男」が注目を集める。

 真凜のショートプログラム(SP)「ザ・ギビング」の衣装が、これまでのピンクからエレガントなパープルに変わっていた。「ピンクは卒業しようと思ったんです。これまで着たことのない色にしたくて」とニッコリ。「背中にさりげなく金色の鳥がいるんです。羽ばたけるようにがんばります」。中国杯後に初めて自分でデザインし、生地も選んだ。19日に届いたばかりの勝負服で、逆転五輪代表へ大きく羽ばたく。

 GPシリーズはスケートカナダ、中国杯共に5位に終わった。練習嫌いの16歳は、気持ちを入れ替えた。苦手とする地味なスピンの練習も増やした。「自分の人生のなかで、すごく今、大きな課題が待っている。後悔のない練習ができればいいな、と思って頑張った」。最後の実戦から1か月半が空いたが、11月18日に大阪の試技会で演じ、試合勘が途切れないよう努めてきた。

 4年前のソチ五輪選考会を兼ねた全日本選手権は、会場のさいたまスーパーアリーナで生観戦していた。「次の平昌五輪の代表争いに加わっていたいなという気持ちで見ていた。この舞台に立てるからには、自分の目標としている五輪というものを目指していきたい」。強い気持ちでリンクに上がる。

 今季は思うような結果を残せておらず、4選手の自己ベストが210点超えというハイレレベルな代表争いで、遅れを取った感があった。しかし、周囲が予測不能な爆発力を発揮するのが真凜。21日のSPの滑走ドローは大トリの30番を引き当て、「なんかやるなと思っていたけど、やったわ」と笑った。「全日本の最後ってなかなかできることじゃないから、この番号を大事に滑りたい」。トリと鳥で代表を取りに行く。(高木 恵)

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請