AKB&乃木坂&欅坂が初のそろい踏み 横山由依「秋元先生の楽曲の素晴らしさ再認識」

レコード大賞の記者会見に出席した(前列左から)三浦大知、乃木坂46(齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣)、AKB48(横山由依、渡辺麻友、松井珠理奈)、欅坂46(菅井友香、小林由依、鈴本美愉)、AAA浦田直也ら受賞者
レコード大賞の記者会見に出席した(前列左から)三浦大知、乃木坂46(齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣)、AKB48(横山由依、渡辺麻友、松井珠理奈)、欅坂46(菅井友香、小林由依、鈴本美愉)、AAA浦田直也ら受賞者

 TBS系で生放送される「第59回 輝く!日本レコード大賞」(30日・後5時半)の記者会見及び表彰式がこのほど行われ、受賞アーティストが出席した。

 大賞を争う優秀作品賞10組には、AKB48、乃木坂46、欅坂46と、秋元康氏がプロデュースする3グループが初のそろい踏みを果たす。AKBの総監督・横山由依(25)が「秋元先生の楽曲が素晴らしいということを再認識しました。AKBらしく大賞を目指したい」と語ると、乃木坂キャプテン・桜井玲香(23)は「AKBを目指してできた妹分の私たち。さらに妹(欅坂)と3組で共演できるのは奇跡」と感無量の様子。欅坂の菅井友香(22)も「前向きにパフォーマンスしたい」と意気込んだ。

 司会は今年も、同局の安住紳一郎アナウンサー(44)と女優の天海祐希(50)が務めることも決まった。天海は「安住さんと一緒に、アーティストの方々のその1年を締めくくる大きなイベントに少しでも力になれるよう頑張りたいと思います」と語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請