【磐田】ムサエフが母国ウズベキスタンで“磐田愛”叫ぶ

ブニョドコル・スタジアムを訪問したムサエフ
ブニョドコル・スタジアムを訪問したムサエフ

 【タシケント(ウズベキスタン)20日=山田豊】J1ジュビロ磐田MFムサエフ(28)が、母国・ウズベキスタンのブニョドコル・スタジアムを訪問。ムサエフも13年に所属した強豪・ブニョドコルの本拠地で国際Aマッチが組まれる会場で“磐田愛”を叫んだ。

 寒空の下、ムサエフはコート、ジーパンの軽装で姿を現した。地元テレビ局も取材に訪れ、約1時間クラブハウスやスタジアムを訪問。練習場を指さすと「ここは(来季磐田から広島に復帰するMF)川辺が広島時代に先発したACL(ブニョドコル戦=13年4月23日、0△0)の試合前に練習したグラウンドだよ」と説明。3万4000人収容の会場に降り立ち「ブニョドコル時代(13年)はいい思い出」と感慨深げ。「いい会場。でもヤマハスタジアムも芝生がいい。負けてない」と磐田愛を口にしていた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請