池上彰氏、来年のテーマは働き方改革「せめて月1日くらい休みたい」

収録に参加した池上彰氏
収録に参加した池上彰氏

 ジャーナリストの池上彰氏(67)が20日、大阪・北区のMBSテレビで正月の恒例特番「池上彰のどーなる?ジャーナル~さらば!!平成 2018年の変わるが分かる!~」(来年1月1日・後2時半)の収録に参加した。

 同番組は2014年に始まり、今回で5回目。池上が平成に起きた出来事を振り返りながら、来年がどんな年になるかを大胆に予測する。選挙が中選挙区制から小選挙区制に変わったことで政権交代がしやすくなったこと、安倍1強時代に突入した背景などを分かりやすく解説する。また、「巨大地震への防災」「象徴天皇のあり方」や「北朝鮮と中国」などについても言及する。

 収録を終えた池上は「個人的には平成元年に記者からキャスターになりました。平成はキャスターとして視聴者に何をどう言えば分かってもらえるか、考え続けた30年になります」と平成時代を振り返った。

 また、来年については「2018年は国際情勢、特に中東情勢が気がかり。自分としては働き方改革がテーマ(笑い)。せめて月に1日くらい休みたい」と切実な願望を口にした。

 ゲストは桂南光(66)、はるな愛(45)、山里亮太(40)、泉里香(29)。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請