【西武】人的補償で巨人から移籍の高木勇人が入団会見 迷言封印!?「お立ち台を目指して」

西武への入団会見を行った高木勇人
西武への入団会見を行った高木勇人

 西武は20日、巨人にFA移籍した野上亮磨投手(30)の人的補償として獲得した、高木勇人投手(28)の入団会見を所沢市内の球団事務所で行った。

 18日に移籍が発表されてからの期間を、「先輩、後輩からメールや電話をいただいて、『とにかく頑張ってこい』と言われました」と回想。今季は右手の指の負傷などで16試合の登板で1勝2敗、防御率2・63に終わったが、新天地では先発ローテーション入りを期待され「言われたところでしっかりできるような準備をいまからやっていきます」と表情を引き締めた。

 巨人1年目のお立ち台では「僕は僕です!」「お父さーん!、お母さーん!」などの名言(迷言?)で人気となったが、この日は「お立ち台にたつということは、その試合にしっかりと貢献できたということ。そのお立ち台をまずは目指して、活躍出来るように」と話すにとどめた。

 また、巨人時代には好物の「オムハヤシ」が選手プロデュース商品として商品化されたこともある。西武も選手プロデュース商品が豊富で、来季の活躍次第では商品化される可能性もあったが「僕はやらなくていいです。ほかの選手のおいしい弁当を食べてみたい」と話していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請