【ソフトバンク】日本プロスポーツ大賞の大賞を受賞 サファテには殊勲賞

 ソフトバンクホークスが20日、都内で行われた日本プロスポーツ大賞授賞式で大賞を受賞した。今季は2年ぶり18度目のリーグ制覇を成し遂げ、日本シリーズでもDeNAを4勝2敗で下し、2年ぶり8度目の日本一に輝いた。

 授賞式では、チームを代表して主将を務める内川聖一外野手(35)が出席。壇上で「このような歴史ある素晴らしい賞をいただきまして球団関係者はじめ、監督、コーチ、選手全員感激しています」と話した。

 ソフトバンクからは、今季54セーブのプロ野球新記録を打ち立てパ・リーグMVPなどに輝いたデニス・サファテ投手(36)も殊勲賞を受賞。「大変感激し、深く感謝いたします。2017年はチームにとっても、私にとっても大変特別でエキサイティングな年でした」とコメントを寄せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請