NHK放送総局長、安室の紅白出場に「素晴らしい時間を作っていただけると確信」

安室奈美恵
安室奈美恵

 NHKの放送総局長の定例会見が20日、東京・渋谷の同局で行われた。

 木田幸紀放送総局長は大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)に来年9月16日で引退する安室奈美恵(40)の出場が決定。「特別出演歌手」として、第54回以来、14年ぶり10回目の出場が決まったことについて、「出ていただけることになって、大変喜んでいるし、期待をしています。それは視聴者の皆さんも同じではないでしょうか」と笑顔で話した上で「集大成というか、素晴らしい時間を作っていただけると確信しています」と話した。

 20分ほどの時間を取るとも言われる安室の歌唱時間について、制作幹部は「内容に関しては検討中、交渉中ということで詳細に関しては答えを控えさせていただきたい」とだけ話した。

 また、安室の出演決定にこぎ着けた件については「『告白』という特別番組など、積み重ねてきた我々の思いが届いたと思っております」と答えた。

 さらに木田総局長は「毎回、紅白っていうのは一期一会の恋人に会うようなもの。毎回違います。今回は僕たちは期待を高まらせていればいいのですが、安室さん自身はどうした気持ちでいらっしゃるか、制作者としては気になります。どんなものを大みそかにぶつけるのか。本当は会っておうかがいしたいくらい。視聴者と様々な思いを共有できるのが、紅白の魅力と思う。その魅力を1秒も漏らさず味わって欲しい」と話した上で、安室について「二度と出てこないエンターティナーだと思います」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請