【巨人】甲子園で藤浪と投げ合った男・元楽天の大塚尚仁氏が打撃投手で再出発

楽天を退団し来季から巨人打撃投手に就任する見込みの大塚尚仁氏
楽天を退団し来季から巨人打撃投手に就任する見込みの大塚尚仁氏

 今季限りで楽天を退団した左腕・大塚尚仁さん(23)が、来季から巨人の打撃投手として第2の野球人生をスタートさせることになった。

 福岡出身の大塚さんは熊本の強豪・九州学院高校でプレー。12年、3年春のセンバツ2回戦で藤浪晋太郎(現阪神)擁する大阪桐蔭に敗れた。夏は県大会で敗退したが、高校日本代表に選出され、AAA世界野球選手権に出場。同年のドラフトで楽天から3位指名を受けてプロ入りした。

 左の中継ぎとして期待されたが、1軍登板は15年の5試合、16年の4試合で通算9試合、0勝0敗。5年目の今季は1軍登板なしに終わり、戦力外通告を受けた。まだ年齢的に若く現役続行を探る選択肢もあったが、「すぐに引退と決めました」と潔く決断。そんな中、巨人から打撃投手の誘いを受けた。

 11月中旬。同じく新たに巨人打撃投手となる予定の小野淳平氏(元巨人、今季で広島を退団)と一緒に、G球場でのファーム秋季キャンプに数日間だけ体験参加した。慣れない巨人のユニホーム、打撃投手という仕事に「緊張しました。足を引っ張らないようにサポートしていきたいです。打者の方に打ちやすい球だと言ってもらえるように頑張ります」。第2の人生も野球に携わることができる。やりがいのある新たな仕事に目を輝かせていた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請