大仁田厚氏、弟子の引退試合“見届け人”も乱闘に参加し「思わず手が出てしまい、申し訳ありません」

弟子の佐瀬(左)の引退試合に乱入し、おいしい所を持っていった大仁田厚(中央)
弟子の佐瀬(左)の引退試合に乱入し、おいしい所を持っていった大仁田厚(中央)

 10月31日に7年ぶり7度目の引退をした大仁田厚氏(60)が19日、東京・新木場1stRINGで行われた“最後の愛弟子”佐瀬昌宏(39)の引退試合に“見届け人”として列席した。

 大仁田氏が“涙のカリスマ”として活躍した初期のFMWに強い影響を受けて、プロレスラーを志した佐瀬は、02年春にターザン後藤一派の門を叩き、03年4月20日にデビュー。その後、新FMW、スーパーFMW、アップルスター・プロレス、超戦闘プロレスFMW、大仁田興行などで、デスマッチファイターとして戦ってきた。しかし、頸(けい)椎の負傷が悪化したため引退を決断し、この日の引退興行となった。

 佐瀬は、田中将斗と組み、葛西純、NOSAWA論外組と、有刺鉄線ボード・ストリートファイト電流爆破バット・タッグデスマッチで対戦。“見届け人”大仁田氏は客席から佐瀬の戦いぶりを見守っていた。

 葛西と論外が佐瀬に集中砲火を浴びせ大流血すると、ついにリングに上がった大仁田氏。論外に必殺のサンダーファイアーパワーボムを見舞ってアシスト。だが、佐瀬は、有刺鉄線ボードを置かれた状態で、葛西にパールハーバースプラッシュを食らい、無念の3カウントを聞いた(19分20秒、体固め)。

 大仁田氏は佐瀬に花束を渡し「オマエは事業もやりながら、プロレスもよくがんばった」と、ねぎらいの言葉をかけた。「大仁田さん、今日は“見届け人”として。来てくださってありがとうございました。感謝します」と言うや号泣。引退セレモニーで10カウントゴングが鳴らされた。乱入という形で、試合に介入した大仁田氏は「佐瀬が危ないと思って、思わず手が出てしまいました。申し訳ありません」と話した。10月31日の引退試合から49日後に、再び大仁田氏と肌を合わせた論外は「体が大仁田さんをほしがってる。復帰しないんですか?」とラブコールを送っていた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請