【オリックス】カナダ代表左腕・アルバースと入団合意!先発期待の技巧派

 オリックスが新外国人として前マリナーズのアンドリュー・アルバース投手(32)と契約合意に達したことが19日、明らかになった。球団幹部は「ボールにキレがあって、緩急も使える技巧派」と評し、先発として期待を寄せた。

 アルバースはカナダ出身の左腕で、2008年ドラフト10巡目でパドレス入り。13年にツインズでメジャーデビュー。今季はマリナーズで9試合(先発6試合)に登板して5勝1敗1セーブ、防御率3・51だった。メジャー通算は26試合で7勝6敗1セーブ、防御率4・10。13年と今年のWBCは、巨人・マシソンらとともにカナダ代表として出場した。

 球団は今オフ、救援型のマット・カラシティ投手(26=前カブス傘下3A)の獲得を目指したが、ヤクルトとの争奪戦に敗退。だが、日本ハムからFAの増井の獲得に成功し、先発型の助っ人補強に転換していた。ディクソン、ロメロ、マレーロにアルバースを加えた外国人4人態勢で来季開幕を迎える方針。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請