【ヤクルト】山田、大減俸も出来高で取り返せる「3回目のトリプルスリーを達成したい」

今季フルイニング出場も大幅ダウンの更改に苦笑いの山田(カメラ・関口 俊明)
今季フルイニング出場も大幅ダウンの更改に苦笑いの山田(カメラ・関口 俊明)

 ヤクルト・山田哲人内野手(25)が19日、都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、7000万円減の2億8000万円プラス出来高でサイン。出来高の比重が大きく、打撃主要3部門などで一定の成績を残した場合、減額分を取り戻せるような契約だという。プロ初のダウンにも「大減俸は当たり前」と受け止めた。これでヤクルトは全選手が交渉終了。歴史的大敗の影響で今オフは厳冬。日本人選手は総額2億9605万円のコストカットとなった。

 球団の評価を素直に受け止めた。山田は、3億5000万円から7000万円減の2億8000万円プラス出来高で判を押した。今季は、自身2度目のフル出場を果たしながらも、打率2割4分7厘、24本塁打、78打点、14盗塁。史上初の2年連続トリプルスリーを達成した前年と比べると、全体的に数字を落とした。

 「今年の成績は、自分の年俸に見合った数字ではありません。チームは歴史的大敗をしましたし、大減俸は当たり前です」

 3月にはWBCに初出場し、侍ジャパンの4強入りに貢献。だが、シーズンに入って待っていたのは、予想外の事態だった。「感情がなかったというか、ただ単に野球をやっていた自分がいました」。初めての気持ちに襲われた。

 チームは序盤から故障者が続出。早々に優勝争いから離脱した。目標を失った背番号1は、不得手な春先を過ぎても、一向に状態が上がらなかった。

 昨季、24歳にして史上初の偉業を達成。しかし、真中前監督にはある心配事があった。「こうなると、俺たちが山田のモチベーションを作っていってあげないとな」。球界の顔に成長したが、今季は目標を失い、前指揮官の予感が的中した。

 そこで、球団が用意したのが分厚い出来高。打撃主要3部門、盗塁などで設定した数字を全てクリアした場合、今回の減俸分を取り戻せるような金額になっているという。山田の成績がチーム順位に直結することは今季で証明済み。金額が全てではないが、出来高という“目標”を作った。

 「すごくモチベーションの上がる契約をしていただきました。僕に覇気はないですけど、もし引っ張っていけるものがあるとすれば数字。今年みたいな感じにはなりたくないですし、来年は誰もが認めるような活躍がしたい。3回目のトリプルスリーを達成したいです」。チーム、そして自分のためにも、失った全てを取り戻す。(中村 晃大)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請