【ロッテ】角中、来オフFA権行使に含み 「3年」提示も単年契約選択

契約更改を終えて会見するロッテ・角中 
契約更改を終えて会見するロッテ・角中 

 ロッテ・角中勝也外野手(30)が19日、来オフの国内FA権行使に含みを持たせた。11月に行った下交渉で、単年と3年契約両方の条件を提示されていたが、この日のZOZOでの交渉では1000万円減となる年俸1億3100万円の単年契約を選択した。

 今季は打率2割6分9厘と不本意な成績に終わったが、12、16年の首位打者は、順調なら来季中に権利を取得。「今のところFAするつもりはない。一年一年勝負した方がいい」と否定しながらも「(3年契約でFA)するとしたら、34の年になるし、来年しかないという気持ちも多少あります。ゼロじゃない」と説明した。

 角中節は止まらない。「(権利を)取ってもないですし、獲るところがあるか分からない。来年頑張れば、(ロッテが)ベースを上げて複数年を提示してくれるかなという思いもあります。個人商売なので、お金の計算をしないわけにいかない」と素直な気持ちを吐露した。(田島 正登)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請