シャンシャン効果!? 22億円かけ新パンダ舎建設へ 2019年末完成予定

多くの観覧客がスマホでパンダを撮影していた(代表撮影)
多くの観覧客がスマホでパンダを撮影していた(代表撮影)

 上野動物園(東京都台東区)で6月12日に誕生したジャイアントパンダのシャンシャン(香香、雌)と母親のシンシンの一般公開が19日、始まった。2019年末のオープンをめどに園内に新たなパンダ舎を建設することが分かった。

 上野のパンダ舎が新しくなる。現在のパンダ舎は東園にあるが、新施設は西園の「子ども動物園すてっぷ」を取り壊して建設する。敷地面積は屋内と屋外部分合わせて約2000平方メートルで整備費は周辺設備を含めて約22億円。来年3月までに「すてっぷ」の解体工事を終え、2019年末までの完成を予定。現在のパンダ舎は閉鎖する。

 新パンダ舎は中国の四川省の山奥を意識した雰囲気になるという。近くにはレッサーパンダ舎も新設予定で「パンダのふるさとゾーン」として生まれ変わる。シャンシャンの両親のリーリー(雄)とシンシン(雌)は都が中国から借り受ける形で11年に来日。生まれた子どもについても「生後24か月で返還する」との協定を締結しているため、シャンシャンは早ければ19年6月に中国に帰ってしまう可能性がある。具体的な協議はこれからだが、シャンシャンが新パンダ舎にいない事態も予想される。

 園関係者によると、現パンダ舎は表門近くにあり、入り口付近に人が滞留しやすかったが、移転により、人の流れが円滑になることが期待される。来年3月までに園内のレストランも座席数を拡大し、乳幼児向けのスペースを確保する。表門周辺も改修し、都担当者は「明るい雰囲気になりますね」と話している。また、JR東日本は20年7月までに上野駅公園口を約90メートル日暮里側に移動させ、動物園までの歩行者導線を整える。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請