海外リーグ20か国プライベート観戦の「元サポーター記者」が感じたJリーグが面白いワケ

「日本のサポーターは美しくて、温かくて情熱がある」と語った横浜Mのバブンスキー
「日本のサポーターは美しくて、温かくて情熱がある」と語った横浜Mのバブンスキー
セルビアのスタジアム。発煙筒の煙で試合が中断した(2014年10月18日撮影)
セルビアのスタジアム。発煙筒の煙で試合が中断した(2014年10月18日撮影)
セルビアのスタジアム。ピッチに発煙筒が投げ込まれ、試合が中断した(2014年10月18日撮影)
セルビアのスタジアム。ピッチに発煙筒が投げ込まれ、試合が中断した(2014年10月18日撮影)
セルビアの応援席は暴動対策で無数の警備員に囲まれている(2014年10月18日撮影)
セルビアの応援席は暴動対策で無数の警備員に囲まれている(2014年10月18日撮影)

 念願のサッカー担当になって、1年になろうとしている。私は業界で少しばかり珍しい「元サポーター記者」だ。

 14年ブラジルW杯では、日韓W杯の背番号「10」中山雅史のユニホームを着て現地のゴール裏にいた。ドローに終わったギリシャ戦後「(ベンチに控える)学を使えよ!」と吠えた記憶がある。今は、その「学」こと斎藤学が所属するマリノスを担当している。訪れたJのスタジアムは32箇所。大半はプライベートで稼いだ数字である。

 仕事だから、ファン目線で取材をすることはない。辛口や問題提起の原稿を書く…こともある(たまには)。それでもJリーグの魅力を伝えたい、スタジアムに足を運ぶ人を増やしたいという思いは常にある。日本には素晴らしいサッカー文化があるし、それを伝えるのが役目だとも思っている。

 マリノスに風変わりなサポーターがいると聞き、取材を頼んだ。今季、韓国やポーランド、アメリカ、マケドニア、オーストラリアまで出かけ、現地でマリノス所属の代表選手(MF遠藤、バブンスキー、マルティノス、DFデゲネク)を応援したというのだ。総移動距離は直線で約8万9000キロ。地球2周分を上回る、気の遠くなるような長さだ。

 マケドニアではバブンスキーの粋な計らいもあり、会場まで片道2時間の道のりを、バブンスキーの母親が運転する車に乗せてもらったらしい。いずれの旅行も現地1泊の強行軍。仕事の合間を縫って、マリノスの試合観戦を欠かさないことを前提に、世界各地を飛び回ったという。バブンスキーは「とてもうれしいこと。それにしても驚きだよ。彼に限らず、日本のサポーターは美しくて、温かくて、情熱がある」と語る。

 11月初旬、私は休暇を利用して東欧のボスニア・ヘルツェゴビナに向かった。目的はサッカー観戦。大学卒業後に約1年間、海外を放浪していた経験があり、国外でのリーグ戦観戦は、ちょうど20か国目になった。日本が見習うべき点を感じることもあるが、当たり前過ぎて普段は気付かないJリーグの素晴らしさを感じる場合の方が圧倒的に多い。

 イングランドは暴動対策によって客席で酒が飲めない。

 イタリアのチケットはマフィア対策で記名式だった。

 セルビアでは赤々と燃える発煙筒を投げつけられた。

 ハンガリーの上位対決は300人ほどのファンしかいなかった。

 オランダでは外国人という理由でチケットを買えなかった。

 欧州リーグ(EL)でスロバキアに乗り込んだイタリア・ナポリのサポーターは荒くれ者ぞろいで、なるほど!約100人全員が男性だった。

 パラグアイでは、なぜかキックオフ1時間前までスタジアムが真っ暗だった。

 ブラジルでは石でできた防弾仕様の厳重な壁を通してチケットを買った。

 ボリビアでは公式サイトに書かれた日程が間違っていて、誰もいない会場の前で頭を抱えた。

 いずれも日本では考えられない。バブンスキーの言葉を借りるなら「美しくて、温かくて、情熱がある」老若男女が毎週末、スタジアムに集い、手に汗を握り、声を枯らして応援する。サッカーリーグでは後発と言えるJリーグには、ここにしかない「安全」「安心」という素晴らしい文化が根付いている。

 「1年生サッカー記者」として、このコーナーで何本かコラムを書いた。読者からの反響が、ささやかな自信になったこともある。消化不良に終わり、もどかしい思いをしたこともある。1月からは2年生になる。取材力と表現力を磨き「世界に一つだけ」の魅力にあふれたJリーグを舞台に、より感動を伝えていきたい。(記者コラム・岡島 智哉)

「日本のサポーターは美しくて、温かくて情熱がある」と語った横浜Mのバブンスキー
セルビアのスタジアム。発煙筒の煙で試合が中断した(2014年10月18日撮影)
セルビアのスタジアム。ピッチに発煙筒が投げ込まれ、試合が中断した(2014年10月18日撮影)
セルビアの応援席は暴動対策で無数の警備員に囲まれている(2014年10月18日撮影)
すべての写真を見る 4枚

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請