栩内被告、第2回公判で一転「ASKAに覚醒剤使われた」

 覚醒剤取締法違反などの罪で起訴された歌手のASKA(本名・宮崎重明)被告(56)とともに逮捕、起訴された会社員・栩内(とちない)香澄美被告(37)の第2回公判が9日、東京地裁で行われた。栩内被告は前回の初公判の罪状認否で「第三者に覚醒剤を使用された」とした証言を「宮崎さん以外にない。宮崎さんに使用された」と訂正し、自身の使用を改めて否認。また、毛髪鑑定した警視庁科捜研の係官が証人として出廷した。

 栩内被告は黒色ニット、紺色パンツという服装で入廷した。7月22日の初公判時と同じ黒縁メガネをかけていたが、ほおがほっそりした印象だった。

 この日の公判では、ASKA被告への決別とも取れる発言が出た。初公判の罪状認否で「第三者が覚醒剤を何らかの方法で私にした」と供述した部分を「第三者とは宮崎さん以外いません」と変更。ASKA被告は8月28日の自身の初公判で「そんな卑怯(ひきょう)なことはしない」と語気を強めて主張していたが、「知らないうちに宮崎さんに使用されました」と供述した。また、薬物の使用に関するメールのやりとりも新たに公開。前回、ASKA被告の名前を出さなかったことについて「あえて第三者と言ったのは、著名な芸能人の名前を出すことでさらに過熱報道を招くのではとの危惧があったためですが、言葉足らずでした」と説明した。

 また、栩内被告の自宅マンションから出されたゴミのティッシュやたばこの吸い殻から覚醒剤が検出されたことを示す証拠が提出されたが、弁護側は「周囲に覚醒剤とかかわりがあったのは宮崎さんしかおらず、いずれも宮崎さんという常習者が使用したもの」と反論。さらに、エアコンのフィルターから覚醒剤が検出されたことについては、ASKA被告から「君の寝言が面白い。寝言を聞きたい」と勧められて何度か睡眠導入剤を飲み、栩内被告が熟睡している間にASKA被告が覚醒剤を吸引したものが付着したと主張した。

 この日の公判には、栩内被告の毛髪鑑定を担当した警視庁科捜研の係官が検察側の証人として出廷。鑑定資料の毛髪は薬品や水で合計9回洗浄するとし、弁護側のASKA被告の汗が付着したという主張は「汗に含まれる覚醒剤はごく微量で外部的な汚染は考えられない」と否定。また、別の機関で行われた第2次鑑定では陰性だったという弁護側の主張には「髪の毛を分割したことで散逸し、成分が少なくなったのでは」と話した。

 10月2日の次回公判には、尿鑑定を担当した医師が出廷を予定。さらに、検察側がASKA被告の証人申請をしていることについて、弁護側は「自身の公判で証言しているので十分」と同意しなかった。次回までに出廷するか否か、双方で調整を図る。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請