栩内被告、9日に第2回公判 ASKA被告証言「大事な存在」影響か

 覚醒剤取締法違反などの罪で起訴された歌手のASKA(本名・宮崎重明)被告(56)とともに逮捕、起訴された会社員・栩内(とちない)香澄美被告(37)の第2回公判が9日、東京地裁で行われる。

 同被告は5月の逮捕以降、7月22日の初公判でも覚醒剤の所持と使用を認めていない。一方のASKA被告は8月28日、初公判で栩内被告と覚醒剤の関係について語らず、さらに栩内被告を「大事な存在だと思っています」と証言。元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は、この発言によって「栩内被告をかばって事実を話していないように見えた。裁判官は『まだ真実は明らかになっていない』という印象を持った」と指摘。「栩内被告は本当のことを話していない」という裁判官の心証になるという。

 栩内被告は尿検査で陽性反応が出ているが、ASKA被告の精液が尿に混ざったと主張。若狭氏は「ありえない話なので、弁護側は今後『陰茎に塗って直接体内に入ったのかもしれない』と変えてくるだろう」と推測する。しかし、その際も「栩内被告の供述が信用できないということになる。今後の裁判に影を落とします」とASKA被告の「大事な存在発言」の影響を指摘した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請