【発言要旨2】ファンへ謝罪と反省…ASKA被告初公判

 ASKA被告の初公判は28日、東京地裁425号法廷で午後1時15分から始まった。約1時間半、覚醒剤におぼれていく過程を生々しく語った。

 ◆検査キットについて

 検察官(以下検)「検査をかいくぐって覚醒剤を使ったのか」

 ASKA(以下A)「はい。キットを使った直後に薬物を使えば(次の検査の時に)反応が出ないと思ったからです」

 検「やめようと思わなかったのか」

 A「それができないくらい恐ろしい薬ということです」

 ◆今後について

 弁護人(以下弁)「覚醒剤を我慢することはできなかったのか」

 A「できませんでした。恐ろしい薬でした」

 弁「これからはどうしますか」

 A「連絡を取れそうな人は(携帯電話から)全部削除します」

 弁「音楽活動はどうしますか」

 A「今は何も考えられません。主治医に指導を受けて、とにかく治療に集中することが大事だと思っています」

 弁「ファンに対しては」

 A「大変、申し訳なく思っています」

 ◆覚醒剤を我慢できるかについて

 裁判官(以下裁)「覚醒剤はやめることができないくらい恐ろしいもの、という趣旨の話をしましたが、我慢できないものなんですか」

 A「使用した1日後に倦怠(けんたい)感があり、体が動かなくなるくらい眠くなるんです。そうならないように、次のものを吸ってしまう、ということがありました」

 裁「体が自然な状態に戻るのが待てないのか」

 A「待てないこともありました」

 裁「やめようと思えばやめられるのでは」

 A「所持したものがあるからだと思います。なくなったら諦められますが」

 裁「目の前にあるから使ってしまうと」

 A「はい」

 裁「最後に言っておきたいことがあれば」

 A「今回、違法な薬物を使ってしまったことについては、一切、言い訳のできることではありません。大変申し訳ありませんでした。私はこの恐ろしい覚醒剤をやめたい。やめなければならない。しかし、自分の意志だけではやめることができないと思っています。私は自分の健康を取り戻すために、そして、人として立ち直るためにも、しばらく時間を要することになりますが、引き続き医師の指導に従って治療をしていきたいと思っています」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請