【発言要旨1】10年夏頃から使用…ASKA被告初公判

 ASKA被告の初公判は28日、東京地裁425号法廷で午後1時15分から始まった。約1時間半、覚醒剤におぼれていく過程を生々しく語った。

 ◆覚醒剤を始めたきっかけ

 弁護人(以下弁)「いつから覚醒剤を使ったのか」

 ASKA(以下A)「2010年夏ごろだと思います」

 弁「それ以前に睡眠導入剤を処方されていましたか」

 A「はい。2000年前後だと思います。今年の春までです」

 弁「眠気を覚ます薬も処方されていましたね」

 A「はい。2000年ごろから昨年の後半あたりまでです」

 弁「相反する薬ですが、使用方法は?」

 A「眠りたい時により深く眠れ、起きたい時に起きられる」

 弁「処方を守っていたか」

 A「いえ。2、3錠飲んでいました。多幸感が得られるので」

 弁「なぜ覚醒剤を使おうと思ったのですか」

 A「病院から処方された薬が効かなくなったので」

 弁「思いとどまれなかったのか」

 A「興味もあったのですが、病院の薬が効かなくなったので使ってしまいました」

 弁「ずっと使い続けたのですか」

 A「やめている時期もありました。10~11か月はあったと思います。(再び使い始めたのは)昨年11月ごろだと思います」

 弁「入手を依頼していた相手から脅迫されましたか」

 A「はい。お金は払いませんでした」

 ◆MDMAの使用について

 弁「MDMAを購入したのはいつですか」

 A「今年3月です」

 弁「以前に使ったことは」

 A「二十数年前にロンドンで1度だけあります」

 弁「覚醒剤を使っていたのにMDMAも使おうと思ったのはなぜか」

 A「記憶にありません。思い出して尋ねたら、入手できそうだったので。最初は5~10錠と思ったのですが、50錠からじゃないと買えないと。その次には100錠からじゃないとダメだと言われ、1つのために100錠買う羽目になってしまいました」

 ◆覚醒剤使用を疑う家族とのやりとりについて

 弁「家族や関係者から使ったか確認された時、何と答えたのですか」

 A「使っていないと答えました」

 弁「家族が相談した専門医からはどんな提案がありましたか」

 A「週に1回、尿検査をしようと」

 弁「陽性反応が出たことがあったのでは」

 A「今年の4月、2回ありました」

 弁「なぜ、それまで反応が出なかった?」

 A「キットを使った後にすぐ使用した。期間を空けると、1週間ほどで反応がなくなる」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請