栩内被告は説明不足、無罪の可能性低い…元東京地検特捜部副部長・若狭弁護士が分析

 覚醒剤取締法違反などの罪で起訴された歌手のASKA(本名・宮崎重明)被告(56)とともに逮捕、起訴された会社員・栩内(とちない)香澄美被告(37)の初公判が22日、東京地裁で行われた。

 初公判で無罪を主張した栩内被告について、元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「無罪の可能性は低い」と話す。

 検察側がASKA被告の証人申請を示唆したことについて、同氏は「検察は『まだカードがある』とちらつかせたのでしょう」と分析する。弁護側はこの日、無罪の根拠として、2回目の毛髪検査が陰性だったことを強調。また尿検査についても、性行為の際のASKA被告の精液が混じった可能性に言及した。同氏は「覚醒剤事件においては毛髪より尿検査が重要。尿は体内から出てくるものなので、検出されたら有罪はほぼ確定」と指摘。弁護側の「混じった」という説明について「本当であれば、検出されたとしても極めて薄い濃度。陽性反応だともっと濃い数値が出ているはずなので、その説明は荒唐無稽だ」と話した。

 尿検査で陽性が出ながら無罪になった例はほとんどないという。「仮にASKA被告が性器に塗って性行為を行ったのなら、栩内被告が気付かなくても陽性になることもあるし、無罪もあり得る」としたが「その場合でも、詳しい供述が必要。今のままでは無罪立証は難しい」と厳しい見方を示した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請