ASKA被告と一緒に逮捕された女・栩内被告、初公判で無罪主張「精液が尿に混ざった」

 覚醒剤取締法違反などの罪で起訴された歌手のASKA(本名・宮崎重明)被告(56)とともに逮捕、起訴された会社員・栩内(とちない)香澄美被告(37)の初公判が22日、東京地裁で行われた。同被告は「私は覚醒剤を使用したことはありません」と無罪を主張。ASKA被告との交際は認め、「第三者が何らかの方法で、私の体内に(覚醒剤を)入れた」と説明した。一方、検察はASKA被告の証人申請を示唆。今後、2人の“法廷対決”の可能性も出てきた。

 色白の肌に黒縁メガネ、胸元の開いたフリル付きのシャツ、タイトなパンツ。国民的歌手の不倫相手として一躍有名になった栩内被告は、そんな服装で入廷した。

 長身でスラっとした体形。化粧はせず、眉毛も目頭側の半分のみ。肩下まである茶髪も、根もとの約10センチは黒かった。弁護士の方を向き、一瞬笑顔を見せ、着席。裁判長に呼ばれると「はい」と小声で応じ、「栩内香澄美です」と高く細い声で答えた。

 検察から、今年5月から17日にかけて、都内や北海道、大分県で覚醒剤の使用をしたことを読み上げられると、時折うつむきながらも検察官の顔を見すえた。裁判長から事実との相違点を問われると、メモを読み上げ「私は覚醒剤を使用したことはありません。尿と毛髪の鑑定の結果は出ていますが、鑑定のミスによるものです」と断言。「(もしくは)第三者が何らかの方法で私の体内に入れたものです。私に故意はなく無罪を主張します」と小声ながらはっきりと語った。

 今年5月17日に逮捕され、同日に尿検査と毛髪検査で覚醒剤の陽性反応が検出された。だがこの日、同被告の弁護側は、その後6月16日に2回目となる毛髪検査が行われていたことを指摘。「結果を閲覧すると、2回目は陰性だった」と明かした。汗をかきやすいASKA被告の汗が髪についたせいで、1回目の毛髪検査が陽性になった可能性に言及し「栩内被告は被害者です。真相をはっきりしていただきたい」と話した。

 尿検査の結果については、弁護側は「(2人は17日)午前6時頃まで性交渉していた。尿検査まで8時間たっていたが(ASKA被告の)精液が尿に混ざった可能性がある」とした。

 注目の裁判は一般割り当て21席に対して940人が列を作り“当選倍率”は約44・7倍。約1時間行われ、弁護側の冒頭陳述は約40分。毛髪検査の陰性を柱に無罪を主張したが、次回の日程を決める際、検察側が「宮崎(ASKA)被告を証人申請する可能性がある」と話すと、弁護側は「何でですか? 趣旨が分からない。準備ができないので怖いのですが」と裁判長に詰め寄る一幕もあった。

 第2回公判は9月9日に行われ、検察側の証人として、1回目の毛髪鑑定を行った警視庁科学捜査研究所の係官が出廷する。裁判長は「毛髪鑑定の詳細、覚醒剤使用が故意だったのかが争点」とした。8月28日にはASKA被告の初公判が行われ、同被告は起訴事実を認める方向だ。今後、すべてを明かしたASKA被告が、栩内被告と法廷で相まみえる場面もありそうだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請