テレ朝・萩野志保子アナ、41歳でママ!15日に男児出産

 テレビ朝日の萩野志保子アナウンサー(41)が、15日に都内の病院で第1子となる男児を出産していたことが20日、スポーツ報知の取材で分かった。体重3250グラムで母子ともに健康。親しい友人には、この日までに喜びの報告を済ませている。同局アナウンス部では、昨年5月から大木優紀(33)、堂真理子(32)、上宮菜々子(33)の各アナウンサーが出産し、佐分千恵アナウンサー(36)が第3子を妊娠中などおめでた続きだ。

 41歳での待望のベビー誕生。萩野アナは喜びをかみしめている。関係者によると、すでに親しい友人や仕事関係者に出産を報告。産後の肥立ちも良さそうで、仕事復帰にも意欲を見せているという。

 慶大時代の同級生で、一般企業に勤める夫との間に生まれた赤ちゃん。妊娠を報告した2月のブログでは「自分も夏生まれですので、母と同じ季節に出産するのだなと、41歳にして、自分を産んでもらった頃にも思いを馳せております」と心境をつづっていた。

 一般的に35歳以上での初産を高齢出産と呼ぶ。女性アナでは元日テレの松本志のぶさん(45)が42歳、元テレビ東京の八塩圭子さん(44)が43歳で第1子を産んでいる。

 1996年に入社した萩野アナは高い声質と女性アナでは珍しいメガネ姿で人気者に。スポーツニュースなどを担当し、「ちい散歩」の歯切れの良いナレーションも評判になった。最近ではバラエティー番組「いきなり!黄金伝説」(木曜・後7時)、アニメ「ドラえもん」(金曜・後7時)の出木杉くん役の声優としても活躍している。

 大学時代には体育会のスケート部フィギュア部門に所属したアスリート。明るく前向きな人柄で先輩アナからも「声の職人。表現力が別格。すてきなことを見つける抜群の感性を持っている」と信頼され、後輩からは「相談に親身に乗ってくれるお姉さん」と慕われている。

 他局の女性アナの多くは、人気が出ると寿退社やフリーに転身するケースが目立つ。しかし、産後の職場復帰を歓迎するテレビ朝日では萩野アナを含め、現在4人が出産・育児休暇中だ。

 萩野アナは、ブログでも「子育てとは言うものの、私も成長したいところです。新たな日々に全力で向き合って、またアナウンサーとして戻ってきたいと思っております」と復帰への意欲をつづっている。

 ◆萩野 志保子(はぎの・しほこ)1972年8月24日、高知県生まれ。41歳。慶大文学部卒。96年4月、テレビ朝日入社。アナウンス部に配属され、「スーパーJチャンネル」「やじうまワイド」「ちい散歩」「ドラえもん」の出木杉くん役などを担当。2000年に映像クリエイターの男性と結婚するも07年に離婚。13年に慶大時代の同級生と再婚した。身長163センチ。血液型B。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請