どぶろっく江口、無許可飼育バレた!カミツキガメ逃げて書類送検

 「もしかしてだけど~」の歌ネタで人気のお笑いコンビ「どぶろっく」の江口直人(36)が、特定外来生物のカミツキガメを無許可で飼育したとして、警視庁生活環境課は4日、外来種被害防止法違反の疑いで書類送検した。東京都世田谷区の自宅マンション9階からカメが逃げて地上に転落したのを、通行人が「カメが空から降ってきた」と交番に届け出て発覚した。

 カメが空から降ってきたのは、“もしかして”じゃなかった。書類送検容疑は6月13日、許可を得ず、自宅ベランダでカミツキガメ1匹を飼育した疑い。生活環境課と所属事務所によると、カメは体長約27センチ、重さ約5キロ。ベランダに置いた直径約1メートルのプラスチック製タライで飼われていた。同日午後4時30分ごろ、逃げ出してベランダの鉄柵のすき間から転落。1階店舗の日よけを破って地面に落ち、甲羅が割れた。通行人が「カメが空から降ってきた」と交番に届け出た。

 所属事務所によると、江口はカミツキガメを、05年に特定外来生物に指定される以前の約13年前に都内のペットショップで購入し、自宅で飼育。今年6月上旬に現在のマンションに引っ越し、飼育を続けていた。

 カメの転落当時、江口本人はマンションに不在で、仕事中に事態を把握し、自ら警察に連絡。翌14日に警察に出向き、その後、7月1日まで数回の事情聴取を受け、この日の書類送検となった。江口は生活環境課の調べに「前のマンションの時は大丈夫だったのに…」とうなだれていたという。

 江口は所属事務所を通じてコメントを発表。「法改正後の内容を正しく把握しておらず、認識の甘さから管理を怠り、このような事態を招いてしまいました」と釈明。「数回にわたる事情聴取の度に、転落したカメが通行中の方や住民の方々にあたって大惨事にならなかったのが、せめてもの救いだと感じておりました。誰かに大ケガをさせていたらと思うと、自分の至らなさに胸がしめつけられる思いです」と深く反省した。

 どぶろっくは、中学生向け雑誌の調査で、女子中学生の好きな芸人ランキング1位に輝くなど、大ブレーク中のお笑いコンビ。江口は爬虫(はちゅう)類好きで、カメのほかにミズオオトカゲ2匹、肺魚2匹を飼育しているという。

 ◆どぶろっく ボケの江口とツッコミの森慎太郎(35)によるお笑いコンビ。佐賀の保育園から大学まで同級生で、04年10月にコンビ結成。森のギターに合わせ、江口が「もしかしてだけど~」とあり得ない男の妄想を歌うネタでブレーク。昨年5月にはCD化された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請