「でんぱ組」メンバー5人、撮影で一酸化炭素中毒か

 6人組女性アイドルグループ「でんぱ組.inc(いんく)」のメンバー5人が15日未明、宇都宮市内の地下採掘場跡での動画撮影中に頭痛などの不調を訴え、病院に搬送された。いずれも軽症。発電機の排出ガスを吸い込んだことによる一酸化炭素中毒とみられる。

 栃木県警とテレビ朝日の話を総合すると、搬送されたのはメンバーの古川未鈴、相沢梨紗、夢眠ねむ、成瀬瑛美、藤咲彩音。宇都宮市大谷町の大谷石採石場跡で、昨年公開の主演映画「白魔女学園」の続編としてテレ朝と東映が共同製作するネット配信用、映画用動画の撮影に参加していた。

 15日午前2時頃、メンバー5人はスタッフ5人とともに不調を訴えて病院に搬送されたが、いずれも症状は軽く、16日までには全員退院する見込み。出演者とスタッフは計48人で14日から同地でロケをスタート。残りのメンバー・最上もがは無事だった。

 地下50~100メートルの地点にある大谷石採石場は、映画「板尾創路の脱獄王」(2010年)、「妖怪人間ベム」(12年)などのロケ地として知られていた。「でんぱ組.inc」は秋葉原発のアイドルグループとして2011年に結成された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請