ASKA容疑者を再逮捕 栩内容疑者は容疑否認

 歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)が覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された事件で、警視庁は27日、同法違反と麻薬取締法違反(いずれも使用)の疑いでASKA容疑者を再逮捕した。

 警視庁組織犯罪対策5課によると、ASKA容疑者は淡々と調べに応じており、「覚醒剤と合成麻薬MDMAを使ったのは間違いありません」と容疑を認めている。

 また、同課は覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで知人の栩内(とちない)香澄美容疑者(37)も再逮捕した。「使用していません」と容疑を否認している。

 両容疑者の再逮捕容疑は5月上旬~中旬、東京都内などで覚醒剤を使用した疑い。ASKA容疑者はMDMAも使った疑い。

 ASKA容疑者と栩内容疑者は、東京都港区のマンションで覚醒剤を所持したとして、17日に逮捕された。両容疑者の尿検査と毛髪鑑定で、いずれも覚醒剤の成分が検出され、ASKA容疑者の尿からはMDMAの陽性反応も出ていた。

 東京地検は、覚醒剤の所持容疑については処分保留とした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請