「夜回り先生」水谷修さん、ASKA容疑者は「更生施設で治療を」

 「SAY YES」などのヒット曲で知られる「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)が17日、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで警視庁に逮捕された。

 過去の名声もゼロとなってしまう薬物での逮捕。それでも芸能界で事件がなくならないことに、「夜回り先生」として知られ、薬物問題に詳しい水谷修さんは「芸能界では、若手が遊びの延長でコカインや大麻に手を出すケースと、仕事でストレスを抱えたベテランが覚醒剤を始めるケースがある」と指摘する。

 特に、覚醒剤の場合は非常に依存性が強く、芸能人、一般人に関係なく再犯率が高いのは事実。薬物依存から脱するためには、施設に入って薬に接しない生活を送ると同時に、同じ仲間を持つ依存者同士で回復を目指し、精神的なケアを行うことが必要。水谷さんも「周囲がASKA容疑者のことを本当に思うのなら、更生施設で治療を受けさせるべき」としている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請