Chage「整理つかない」チャゲアス活動再開不可能か…ASKA容疑者逮捕

 17日に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)に関して、Chage(56)が公式ホームページにコメントを寄せた。昨年、活動再開を視野に入れていただけに「大変残念です」と悔しさを隠せなかった。また、公私にわたる友人で、先月29日には自身の東京公演にサプライズ出演させた歌手の玉置浩二(55)は、逮捕の一報に大きなショックを受けたようだ。

 高校時代に出会い、約40年にわたって共に生きてきたASKA容疑者の逮捕。Chageは「今日までASKAの回復を待ってきましたが、このような事態になり大変残念です。突然のことで、まだ頭の整理はつきません」とコメント。デビュー35周年を迎えた昨年から、頭の中に思い描いていた「活動再開」が、暗礁に乗り上げたことに、Chageは大きな落胆を見せた。

 昨年6月、ASKA容疑者が「一過性脳虚血症」と診断され、同8月に予定していた復帰コンサートが延期された。薬物使用疑惑が報じられた際には殴り合いのけんかをしたと報じられたが、その後は症状さえ良化すれば再びコンサートをやれると思っていただけに、「裏切られた」と感じたことだろう。

 疑惑報道により、ユニットとしての活動が白紙となったため、ソロ活動を続けているChageは現在、全国各地でファンミーティングを開催中。ミニライブやトークイベントなどを行っている。18日には広島市内のライブハウスでの開催が予定されているが、この日、主催者側から今後状況が変わる(=イベントを中止する)ようなら連絡しますとの電話が入ったという。

 午後10時現在、連絡はなくライブハウス関係者は「こちらとしては、開催する予定で準備しています。お客様からの問い合わせも、数件きています」と話した。Chageも「今は現在開催中のファンクラブイベントに僕は全力を注いでいきます」と、自らがファンのためにやれることを行い、今後の状況を見守るしかないといった様子を見せていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請