浅香光代、隠し子父は「元首相」20代はじめに出会ったのちの自民党重鎮

 女優の浅香光代(86)が14日、都内で米映画「8月の家族たち」(18日公開)のイベントにゲスト出演し、自身の隠し子の父親が元総理大臣であると、仰天告白した。今年1月発売の女性誌で、20代の初めに出会った政治家との間に2人の隠し子をもうけたと明かしていた。相手はすでに亡くなっているそうで「あと2年頑張って、先生のところに行きたい」と天を見上げた。

 予期せぬ爆弾発言に周囲が固まった。隠し子の話題を振られた浅香は「福田赳夫さんとか森(喜朗)さんとか言われてますけど、違います」と説明。「元総理大臣ですか?」と確認されると、「そうです。そうです」と言い切った。

 実名については「それは言いません。順番にやっていくと名前が出てくるし、まあ、いいじゃないですか」と明かさずじまい。すでに亡くなっている人物で、夫人もその後、亡くなったという。

 浅香は1月発売の「婦人公論」のインタビューで、20代の初めに出会った政治家との間に2人の年子の男の子をもうけたと告白。この政治家はのちに自民党の重鎮になる人物、と説明した。

 当時、夫人には「私は身を引くから主人と一緒になって」と言われたという。「私みたいな役者が立派な人の子供を産んだら、その人の名前が傷つく。その先生を好きだったから(一緒になるとは)言いたくなかった」と振り返った。

 浅香は子供を産み1人で育てた。その後、別の男性と結婚したが死別。92年にプロデューサーの世志凡太さん(80)と再婚したが、ほかに子供はいない。

 「お父さんは飛行機が落っこちて死んだ、と言い聞かせていた。60年も死んだことになってたのに…」。告白のきっかけは、弟子の結婚に反対した際に「じゃあ、ぼっちゃんのお父さんは誰なんですか?」と言われたからだそうで、「アタマにきたのよ」と振り返った。雑誌発売後、次男から父親の名前を聞かれ、「恥ずかしくない素晴らしい人。国をつかさどる人だった」と説明したという。

 「先生に『なんだ浅香。つまんないやつだな』って言われないようにご奉公して、先生のところに行きたい。あと2年、頑張りたい」。86歳の大ベテランは天国での再会を夢見ていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請