桂歌丸、肺疾患とろっ骨骨折で入院も冗談言い元気 

 落語家の桂歌丸(77)が慢性閉塞性肺疾患と、ろっ骨骨折のため入院していることが4日、落語芸術協会から発表された。

 歌丸は3月20日に仕事先の大阪から新幹線で移動中に激しくせき込み、胸の痛みを訴えた。当初は我慢できていたが、次第に痛みが増し、呼吸も苦しくなったため、同29日に横浜市内の病院で診察を受け、そのまま入院した。

 ろっ骨は、せきをした際にヒビが入ったという。血液中の酸素濃度が低いため、鼻からチューブを入れ酸素を吸引している。関係者によると、きっちり食事も取り、冗談も言うなど、割と元気な様子だという。

 歌丸は「退院時期は未定でございますが、体と相談しながら復帰を目指したい」とコメント。5日に予定されている日本テレビ系「笑点」の収録は欠席し、22日の岐阜での落語会で復帰する予定。昨年10月にも肺炎で2週間入院しており、月に1回、定期検診を受けていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請