若山騎一郎容疑者、覚醒剤所持容疑で逮捕「1年前から使っていた」

 故・若山富三郎さんの長男で俳優の若山騎一郎容疑者(48)=本名・藤原敏章=が28日、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで千葉県警松戸署に現行犯逮捕された。容疑を認めているという。同署は妻で女優の仁美凌(32)からも任意で事情を聞いている。

 逮捕容疑は28日午後1時半すぎ、東京都港区南麻布の自宅内に、微量の覚醒剤を所持していた疑い。

 捜査幹部によると、「薬物を所持している」との情報提供があり、若山容疑者の自宅を捜索した。ガラス製の吸引器を発見、微量の覚醒剤が検出された。若山容疑者は「1年前からこの吸引器を使っていた。自分で使った覚醒剤の残りを持っていた」と供述している。妻の仁美も当時、自宅にいた。

 この夜、若山容疑者宅のあるマンションはひっそりとしたまま。インターホンにも応答がなかった。

 若山容疑者と仁美は約7年の交際を経て2012年5月に結婚したが、わずか5か月で離婚。仁美は芸能界引退も併せて発表していた。関係者によると、2人は激しい夫婦げんかで感情的になり離婚したが、今年になり、連絡を取り合い、1月中旬ごろに復縁した。

 10月15日には東京・港区役所に婚姻届を提出し、そろって会見。若山容疑者は仁美の腰に手を回して「感無量でございます!」と満面の笑み。仁美は「10月15日が来るたびに嫌な思い出がよみがえるので、それを忘れるためにも今日にしました」と語っていた。

 ◆若山 騎一郎(わかやま・きいちろう)1964年11月30日、東京都生まれ。48歳。若山富三郎と宝塚出身の女優・藤原礼子との間に生まれ、両親の離婚後は母親に引き取られた。高校卒業後、千葉真一主宰のJACに入団。20歳のとき若山の内弟子になり、3年後に独立。「旗本退屈男」「長七郎江戸日記」「柳生武芸帳」などのドラマや映画、オリジナルビデオに出演。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請