華原朋美に明治天皇の玄孫が求愛!竹田恒泰氏が猛アプローチ

 歌手の華原朋美(39)に“新恋人”の存在が浮上した。2020年の東京五輪誘致に尽力したJOC・竹田恒和会長(66)の長男で慶大講師の竹田恒泰氏(38)から猛アプローチを受けていることを5日発売の「女性自身」のインタビューに応える形で明かしている。

 お相手の恒泰氏は、明治天皇の玄孫(やしゃご)という名家の出身で、政治番組の人気論客としても知られる。同誌によると、華原と恒泰氏は今年7月、テレビ番組の共演をきっかけに急接近。数回のデートを経て告白され、今年9月には華原の所属事務所スタッフにも紹介しているという。

 しかし、当の華原は長い薬物依存などを経て昨年12月に復帰を果たしたばかりということもあり、新しい恋に慎重な様子。「もう少し待っていて」と恒泰氏に伝えているという。華原の所属事務所は「仲のいい友達と聞いています。交際の報告は受けていません」。恒泰氏は「僕らのことは温かく見守って」と同誌に語っている。華原は6日に都内のイベントに登場予定。本人の口から何らかのコメントがありそうだ。

 ◆アプローチは事実 竹田さんはこの日、FAXで対応。「私が華原さんに好意を抱いていることや、何度か会ってきたことは(「女性自身」の)記事のとおりです」と認めたうえでまだ“交際未満”であることを説明。「今は復帰ライブを控えた特に重要な時期ですので、あまり騒がないでいただきたい」と気遣い、「華原さんが困難を克服して復帰を軌道に乗せることは、多くの人に希望と勇気を与える」とコメントに誠実さをうかがわせた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請