人間国宝・桂米朝、肺炎で入院 容体は安定

 上方落語界の重鎮で人間国宝の桂米朝(87)が、肺炎のため兵庫・尼崎市内の病院に入院した、と所属事務所が26日に発表した。

 所属事務所によると、米朝はこの日早朝に38・8度の高熱を出し、おう吐を繰り返したため、救急車で病院に搬送され、肺炎と診断された。夕方に病院を訪れた事務所社長によると、米朝は落ち着いている様子で、熱が下がり容体も安定したため、付き添っていた弟子も安心して引き揚げたという。

 所属事務所は、養生のためしばらくの間は入院するとしている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請