安奈淳、膠原病再発し入院 11月舞台降板

 女優の安奈淳(65)が、体調不良のために出演舞台「ピグマリオン」(11月13日~12月1日、東京・初台の新国立劇場)を降板することが12日、発表された。

 所属事務所によると、6月上旬、00年に患った膠原(こうげん)病が再発して体力が低下。白血球が減少するなどの合併症も発症しているという。来年は所属した宝塚歌劇が100周年、安奈自身も芸能生活50周年にあたり、節目の年を万全の状態で迎えるために治療に専念することを決めた。現在は入院治療を続けている。

 舞台のほかにテレビ、朗読劇の仕事も入っていたが、年内は休養に充てるためキャンセル。「本人もきちんと体調を戻して復帰したいと頑張っているので、お待ち下さい」と事務所は話している。なお、代役は倉野章子(66)に決定した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請