蒼井優、3月上旬に破局 鈴木浩介と交際解消を公式サイトで発表

 昨年7月に交際が明らかになった女優の蒼井優(27)と俳優の鈴木浩介(38)が破局したことが明らかになった。2人が14日夜、自身の公式サイトで発表した。

 2人のコメントによると、今年3月上旬に恋人関係を解消。蒼井は「気にかけてくださった方に対しましては、報告が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。今後は、いただいたお仕事をひとつひとつ丁寧に積み重ねて行きます」。鈴木は「1年足らずの短いお付き合いでしたが、お互いに話し合い、このような結論に至りました」と経緯を説明。さらに「今後、良き友人として応援し合える関係を続けていきたい」とつづっている。

 2人は2011年12月の舞台「その妹」で共演したのを機に知り合い、昨年5月から本格的に交際がスタート。同7月に交際が報じられた際には、蒼井は「日の浅い二人ですが、穏やかに丁寧に時間を積み重ねて行けたらと思っています」。鈴木も「静かに見守っていただければ幸いです」と文書でコメントしていた。

 蒼井はこれまでV6・岡田准一(32)、俳優・大森南朋(41)との交際が報じられた芸能界でも有数の“恋多き女”。関係者によると、互いに新たな恋人がいる可能性もあり、今後の恋愛も注目を集めそうだ。

 ◆蒼井 優(あおい・ゆう)1985年8月17日、福岡県生まれ。27歳。99年、舞台「アニー」で女優デビュー。2001年「リリイ・シュシュのすべて」で映画初出演し、04年の映画「花とアリス」で注目を集める。06年、映画「フラガール」で報知映画賞など各映画賞を総なめにした。10年、「龍馬伝」でNHK大河ドラマ初出演した。

 ◆鈴木 浩介(すずき・こうすけ)1974年11月29日、福岡県生まれ。38歳。青学大在学中に演劇学校「青年座研究所」入り。97年、日テレ系ドラマ「転勤判事2」で本格デビュー。フジテレビ系「LIAR GAME」など多数のドラマに出演。舞台や映画、ラジオでも活躍する一方、フジ系「笑っていいとも!」などバラエティーでも活躍している。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請