天海祐希、退院 舞台降板「心からおわび申し上げます」

 軽度の心筋梗塞で出演舞台「おのれナポレオン」を緊急降板し、都内の病院に入院していた女優の天海祐希(45)が13日に退院したことを14日、所属事務所が発表した。

 6日から8日間の入院加療を経て退院した天海は事務所を通じてコメントを発表。「舞台を楽しみにして下さった皆様、舞台関係者の皆様には、大変なご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。心からおわび申し上げます」と謝罪した。宮沢りえ(40)を急きょ代役に立て乗り切ったことにも「キャストの皆様、スタッフの皆様には並々ならぬご尽力をいただきました。深く感謝申し上げます」とした。

 心臓の病が襲ったことには「正直戸惑いました」と動揺したことを明かし、自分の体のこと以上に「時間がたつにつれ、自ら起こしてしまった事の重大さに心が痛みます」と明かしている。復帰に向けて「一日も早く皆様に元気な姿を見ていただけるよう今日から頑張ります。天海祐希として、一番良い顔で皆様にお会いしたい」と記した。事務所は「時期をみて仕事復帰を検討していく」としている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請