樹木希林、元オセロの中島をバッサリ!手紙もらうも返事「書きません」

 女優・樹木希林(70)が3日、元お笑いコンビ「オセロ」の中島知子(41)を切り捨てた。中島は、自称・占い師の女性による自身への洗脳騒動に絡み、樹木の義理の息子で俳優の本木雅弘(47)所有のマンションの家賃を滞納していた。この日、大阪・関西テレビの番組収録後に報道陣の取材に応じた樹木は、中島から数日前に、騒動を謝罪する手紙を受け取ったことを明かす一方で、空虚な文言に不快感を表明。これまで中島を擁護するような発言もしていたが、返事は「書きません」と完全に突き放した。

 謝罪の気持ちが感じられない中島の手紙に、樹木は明らかに感情を害していた。中島から連絡があったかと取材陣に聞かれ、樹木は「なんか人に書けって言われたから書いたみたいな手紙は2、3日前に来てましたねえ」と包み隠さず明らかにした。さらに「自分の中から出てきた言葉ではない、ひな型通りっていうのかな。ただご迷惑かけましたってだけの…」と不快感をあらわにした。

 便せんに1枚半にわたって直筆でつづられてはいた。だが、「けつまずいた時に、それが肥やしになってちょっとでも段が上がるみたいな生活をしていくのが、人前に出る人間の責任かなって思うんですけど、ちょっとそういう感じはしませんね。元のまんまっていう感じじゃないですかね」と苦言。松嶋尚美(41)とのお笑いコンビ「オセロ」の解散を先月11日に発表し、同30日には早くもTOKYO MXの生番組に出演した中島だが、芸能活動の再開は、時期尚早と言いたげだった。

 樹木はオセロ解散直後に、「この後、どう生きるかで見えてくる」と、中島の人間的な成長と変化への期待も口にしていた。ところがこの日は「いや、相手(中島)が(人間的に)変わってきていると思えないので書きません」と返事を書く意思がないことを強調すると、「私の存在は(中島には)必要ないのかと思いましたね」と、完全に中島を切り捨てた。

 今年3月末に中島が2年ぶりのテレビ出演で洗脳騒動を告白した後、所属事務所の先輩だった笑福亭鶴瓶(61)がトークイベントで「おかしい。まだ洗脳は解けてない。洗脳が解けてるんやったら、まず樹木希林さんのところに謝りに行かな」と発言。これを受けての中島の手紙による謝罪だった可能性はあるが、空虚な内容の手紙では完全に逆効果だったようだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請