島田珠代、2度目の離婚「結婚向かない」

 吉本新喜劇の島田珠代(42)が、2007年に結婚した中部日本放送(CBCテレビ)の制作スタッフ男性と離婚していたことが22日、分かった。珠代はこの日、大阪・なんばグランド花月で新喜劇に出演。劇場を出る際、「いい加減な私は結婚に向いていなかった」と苦笑いで取材に応じた。

 離婚届を提出したのは3月1日。珠代は東京や大阪での舞台出演が多く、名古屋で勤務する男性とは必然的にすれ違いが生じる状況だったが、「すごくきっちりした人だったので、フワフワした私がフラれたようなものですかね」と、恨み言は漏らさなかった。08年に出産した長女(4)の親権は男性側が持つ。

 珠代は98年に結婚した吉本興業社員とも05年に離婚しており、2度目の離婚。「娘のことを考えるともう結婚はいい」と漏らす一方、「(新喜劇の)末成由美姉さんが慰労で合コンを開いてくださるから」と、再々婚に色気。「辻本(茂雄)さんからも『チャーリー浜さんは6回結婚したから、あと3回はいい』と言われた」と、懲りていない様子だった。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請