相撲

付け人暴行の貴ノ岩、相撲協会が引退届を受理

千賀ノ浦親方と協会へ向かった貴ノ岩

 大相撲冬巡業中の4日に付け人を暴行した幕内・貴ノ岩(28)=千賀ノ浦=が7日午後、東京・両国国技館を訪れ、騒動の責任を取って引退届を提出。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「本人の意向を踏まえた上で(八角)理事長が受理しました」と明かした。

 貴ノ岩は4日夜に福岡県内で付け人に対して、「忘れ物の言い訳をした」という理由で、平手と拳で4、5発殴打した事実を認めて謝罪していた。5日に日本相撲協会からの事情聴取を受け、6日からは東京・台東区の千賀ノ浦部屋で謹慎していた。

最新一覧