スポーツその他

JOC・平岡英介氏、竹田会長の気持ちを思いやり「近くにいて切ないよ」。

JOC平岡専務理事

 2020年東京五輪の招致疑惑を巡り、フランス司法当局から贈賄容疑で捜査されている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長の退任が避けられない情勢となっていることが明らかとなり、JOCの平岡英介・専務理事は15日、都内で取材に応じた。現状について「どこの情報源か知らないけれど、何も決まっている話ではない。いきなり竹田会長が(辞める)って話が出たけど、それは承知していない。何も進展していない」と、説明。また竹田会長の置かれている立場を考え「(日本が)潔白であることは何年も前から申し上げている。悪いことをしていないのに責められて、1番つらいのは竹田会長。近くにいて切ないよ」と語った。

 19日にはJOCの理事会が開催される予定だが、「(もし竹田会長が)辞めるのであればそのときにしようか検討しているんじゃないか」と話した。

最新一覧