スポーツその他

白血病を公表した池江璃花子は入院中 三木コーチ「オーストラリア合宿では肩で呼吸するような場面があった」

池江璃花子

 日本水泳連盟は12日、自身のツイッターで白血病であることを公表した競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=について、都内で青木剛会長、上野広治・副会長強化担当、所属先ルネサンスの吉田正昭社長、三木二郎コーチの4人が出席して記者会見を開いた。

 まず、所属先の吉田社長が冒頭で状況を説明した。「先程、本人よりコメントも発表させて頂きましたが、オーストラリア合宿中に体調不良を訴え、帰国後に検査をした結果、白血病であることが判明しました。1月18日から2月10日の予定で、オーストラリア・ゴールドコーストでの合宿に参加致しました。練習中、何度か体調不良を訴えたため予定を切り上げ2月8日に帰国しました。病院で検査を受けた結果、病気が判明しました。医師の判断により治療をただちに開始するために現在、本人は入院中ですが、早期の発見ができたとの説明を受けております。今後の治療につきましては医師との相談の上、決定していくことになります。今後の活動予定としましてはコナミオープン、日本選手権は欠場することになります。また、東京五輪に間に合うかどうか、ご懸念があると思います。医師と相談の上、今後の治療経過を見ながら復帰の時期につきましては、改めてご報告させて頂きます。我々としても一日でも早い回復を祈り、治療に専念する環境を整えてあげることが、今できる最大のサポートであると考えておりますので、どうか皆様方にも見守って頂けたら幸いであります」と話した。

 続いて、オーストラリア合宿にも帯同した担当の三木二郎コーチが、体調不良の経緯を説明した。「1月18日から2月10日のオーストラリア合宿で、(池江に)今まで見たことのない肩で呼吸するような場面がございました。2月4日にゴールドコーストの日本人医療センターに行き、心電図と血液検査を受けました。2日後に検査結果が出まして、現地のドクターから早く帰国して再検査を受けた方がいいと言われまして、一日でも早く帰国させようという決断になりました。帰国後、2月8日に日本の病院で再検査した結果、白血病という診断が下されました。私自身、非常にびっくりしているんですけども、本人のやる気、モチベーション、病気に立ち向かう姿勢というのは本当に頭が下がるばかりです。我々もそれに対して応援していくだけですので関係者の皆様、ファンの皆様には温かく見守って頂きたいと思います」。

 上野副会長は報道陣やファンに向けて、今後への理解と協力を求めた。「8日に厳しい診断が下りましたが、(池江は)以前と変わりなく、診断以降も本当に病気に立ち向かう姿勢に、頭が下がる思いでいっぱいであります。今後、非常に厳しい道のりになると思いますが、本日こういった会見を開かせて頂いたことに、ご理解を頂きながら、ぜひとも20年の五輪選考会のスタートに立てるように温かく見守って頂けるように、ご協力頂けるように強くお願いしたいと思います」。

最新一覧