国内サッカー

【高校サッカー】流通経済大柏が瀬戸内に完勝、決勝は青森山田と対戦へ

前半10分、2点目のゴールを決め歓喜する流通経大柏・藤井海和

 ◆第97回全国高校サッカー選手権第6日 ▽準決勝 流通経済大柏5-0瀬戸内(12日、埼玉スタジアム)

 準決勝2試合が行われ、第2試合は流通経済大柏が瀬戸内に圧勝。青森山田と14日の決勝を戦うことになった。

 昨年、決勝で前橋育英に敗れた流通経済大柏が、初出場ながら4強まで上り詰めた瀬戸内を圧倒した。前半4分に岡本竜が先制、10分の藤井海和、42分の関川郁万と3点リードで折り返すと、後半も手を緩めず2ゴールを挙げた。

 本田裕一郎監督は「うちのゲームは大量点か、1―0で苦しむか(どちらか)。(大量点は)ここのところ無かったので、今日はいいところがありましたね」と振り返り、決勝に向け「たぶん今日のようにはいかない。相手(青森山田)もいいところがいっぱいあるので、どのように超せるかがんばりたい」と語った。3点目を挙げた関川郁万は、帰ってきた決勝の舞台に向け「帰ってきただけでは意味がない。明後日はベストな状態で自分たちのサッカーをやりたい」と意気込みを見せた。

最新一覧