サッカー日本代表

川又、かつての地元で3年半ぶりのゴールは幻になり、「オウンゴールやろ」と自虐

後半40分、川俣はチーム3点目に絡むもオウンゴールに

 ◆キリンチャレンジカップ 日本代表3―0パナマ代表(12日・デンカビッグスワンスタジアム)

 日本代表は12日、ホームでパナマと対戦し、3―0で森保体制2連勝を飾った。

 後半40分、途中出場した川又堅碁が3点目を決めたとアナウンスされたが、公式記録でオウンゴールに訂正された。取材エリアで得点を祝福されると、川又は「オウンゴールやろぉ」と大声でこたえ、自虐的な笑顔を浮かべて、その場を沸かせた。

 原口からのパスを受け、相手選手と交錯しながら左足でゴールに流し込んだと思われた。しかし、真相は「相手の足を蹴ってしまい、その足がボールに当たって入ったみたい」という。

 国際Aマッチ9試合目。かつて所属していた新潟のホームで、15年3月31日のウズベキスタン戦以来の代表2点目は幻になったが、「次、結果出します。以上」と頼もしかった。

最新一覧