競馬

【フラワーC】エフティマイアの娘エフティイーリスは9着 蛯名「脚を使わされた」

 ◆第33回フラワーカップ・G3(3月16日、中山・芝1800メートル、良)

 3歳牝馬限定の重賞は13頭によって争われた。丸山元気騎手が手綱を執った2番人気のコントラチェック(美浦・藤沢和雄厩舎、父ディープインパクト)が好スタートから先手を奪うと、そのまま逃げ切って、重賞初挑戦で優勝した。勝ち時計は1分47秒4。半姉バウンスシャッセ(父ゼンノロブロイ)が14年にこのレースを勝っており、姉妹制覇となった。

 2着は1番人気のエールヴォア(ミルコ・デムーロ騎手)、3着は5番人気のランブリングアレー(浜中俊騎手)だった。

 蛯名騎手(エフティイーリス=9着)「ずっと引っ張られて、(好位で)ついてって(脚が)なくなったという感じ。勝負しに行っているから仕方ない。かなわなかったっていう感じ。最後の3コーナーから手応えが怪しくなってきた。脚を使わされた感じ」

 内田騎手(ミモザイエロー=12着)「馬自身が落ち着いてない。テンションが高くなっちゃう。もうちょっと落ち着いてくれれば」

 大野騎手(マルーンベルズ=13着)「向こう正面で脚がもつれる場面があって、気持ちが続かなかった」



最新一覧