ゴルフ

2年連続の女王逃した鈴木愛は来年の海外メジャー初戦に意欲

プロアマ戦に出場した鈴木愛

 ◆女子プロゴルフツアーメジャー最終戦 LPGAツアー選手権リコー杯(22日開幕、宮崎CC=6471ヤード、パー72)

 今季のツアー最終戦には29人が出場する。昨年の賞金女王で、今季は賞金ランク3位の鈴木愛(24)=セールスフォース=は21日、プロアマ戦に出場後、「気分よく(シーズンを)終わりたい」と語った。

 賞金女王はすでに、韓国のアン・ソンジュ(31)=モスバーガー=が決定しているが、鈴木は2位の申ジエ(30)=スリーボンド=と約906万円差につける。賞金ランク2位以内なら、米国で行われる来春の海外メジャー初戦・ANAインスピレーションの出場権を得られる。「ANAに出たいので1位か2位に入るしかない」と、切り替えた。申を逆転する最低条件は今週3位以内(3位の場合は申が14位以下)となる。

 今季の平均ストロークは70・1393で1位をキープするが、前週3日目の79が響き、史上初の60台は厳しい状況にある。「(79の日は)久しぶりに腹が立って、練習しないで帰った。2年に1回あるかどうか。切り替えなきゃ仕方ない」と強調した。コースの印象を「ラフが伸びているので難しい」と分析し、「パーオンとフェアウェーキープが大事になる」とショットの正確性をポイントに挙げた。

最新一覧