芸能

ロンブー淳、FUJIWARA、丸山桂里奈が知られざる温泉の活用法を紹介!激熱風呂にも挑戦!

“お宝温泉”を探すため野沢温泉にやってきた、左から田村淳、丸山桂里奈、藤本敏史、原西孝幸

 お笑いコンビ・ロンドブーツ1号2号の田村淳(45)、FUJIWARAの藤本敏史(48)、原西孝幸(47)、元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈(35)が、24日放送のTBS系「ロンブー淳のお宝温泉じゃーにー」(午後4時)に出演。温泉の魅力を紹介する。

 心身ともに癒される温泉。そんな温泉には入浴以外にも様々な活用法が。番組では、知られざる温泉の活用法“お宝温泉”を求め、田村、FUJIWARA、丸山らが旅に出る。舞台は、日帰り温泉施設の数が全国1位の長野県と、日本屈指の人気を誇る群馬県の草津温泉。

 長野県の野沢温泉村では源泉を台所代わりに使っている地元のお母さんたちに遭遇する。また軽井沢の高級温泉リゾート「星のや軽井沢」の地下に潜入。そこには、温泉の熱からエネルギーを生み出す巨大設備が。普通は捨ててしまう温泉の熱をエネルギーに変えて再利用しているというその活用法とは。

 草津では、温泉を利用した熱帯動物園で風呂好きのかわいい動物と触れ合う。さらに、江戸時代から伝わる激熱風呂の入浴法も体験。藤本は「結構、熱いお風呂が大丈夫なんですけど、もうホントにアレだけは…。体が溶けてなくなるんじゃないかってぐらいの温度で」と体を張ったチャレンジを振り返った。

 その他、温泉水で打つ信州そばや、地熱で熟成させる極上ローストビーフなど、温泉を活用したグルメも続々登場する。

 田村は「温泉の番組って色々あると思いますが、ただの温泉番組じゃなくて、『こうやって温泉を利用すればいいのか』とか『こういう風に温泉に入ればいいのか』というのが、この番組を見ていただいたら丸わかりです!」と見どころを明かした。

 丸山も「母親のふるさとが長野県の戸倉上山田温泉なんです。なので、信州での温泉ロケを楽しみにしていました。たくさんの素晴らしいお宝温泉に触れてみて、私も温泉を掘り当てたいと思いました」と温泉の魅力を語った。

最新一覧