プロ野球

【広島】新井が引退あいさつ「素晴らしい野球人生でした」 

黒田博樹氏から贈呈品を受けとり、笑顔をみせる新井貴浩氏

 ◆オープン戦 広島3―5オリックス(16日・マツダスタジアム)

 昨季限りで現役を退いた新井貴浩氏(42)が引退セレモニーに臨み、試合後にスピーチを行った。昨年はチームが日本シリーズに進出したこともあり、ファンに向けてあいさつする場がなかった。野球解説者として新たな人生をスタートさせたレジェンドは、周囲への感謝を口にした。以下は全文。

 広島で生まれ、広島で育ち、小さなころからの夢はカープの選手になることでした。

 アマチュア時代、大した選手ではない私を獲って育ててくれたカープ球団、そしてたくさんの素晴らしい出会いのおかげでこの厳しいプロの世界で20年間もユニホームを着させて頂きました。

 ユニホームを脱いで数か月がたちますが、うれしかったこと、楽しかったことより、苦しかったこと、苦しかったことの方がはるかに多い野球人生でした。

 ですが、最後は3連覇させてもらい、そして日本シリーズという最高の舞台でユニホームを脱がせて頂いたのは、ベンチ前にいる弟のようにかわいい後輩たちのおかげです。本当にみんなありがとう!

 彼らは今シーズンも皆さんを多いに楽しませ、喜ばせてくれると思います。私もいま一度、カープファンに戻り、皆さんと一緒になって、かわいい後輩たちを応援していきたいと思います。

 最後になりましたが、私の野球人生、無駄なことは何一つありませんでした。今思うと、素晴らしい野球人生でした。7年間お世話になったタイガース球団ならびにタイガースファンの皆様ありがとうございました。

 選手会長時代、いつも選手会を支援してくれ、また背中を押してくれたプロ野球ファンの皆様ありがとうございました。

 そして何より13年間、お世話になったカープ球団ならびにカープファンの皆様、たくさん怒らせ、たくさん悲しませたのに本当にたくさん、ただただ、ありがとうございました。

最新一覧