プロ野球

【西武】内海、フリー打撃初登板でバットへし折る「今持っている全力で投げられた」

打撃投手を務めた内海

 西武の内海哲也投手(36)が12日、宮崎・南郷キャンプでフリー打撃に初登板し、災難が相次いだ先発陣の救世主に名乗りを上げた。

 外角直球で愛斗から空振りを奪うと、投ゴロではバットも折った。「今持っている全力で投げられた。打者にしっかり投げ切れたのは収穫。順調に来ている」。鈴木との計2人にスライダー、チェンジアップも含む31球、安打性4本に抑えた。

 この日は昨季最多勝の多和田が体調不良で静養し、榎田と新外国人のニールはともに右太もも裏の張りのため一部別メニュー。小野投手コーチは「内海は制球もいいし、試合の感覚を大事に投げている。どこか張っているやつもいるけど、若い子も内海を見習ってほしい」と信頼感を示した。

 内海の実戦登板は3月のオープン戦からの予定。「巨人時代はもっと早かったけど、ゆっくりやらせてもらっています」。巨人の大竹、2軍の木村トレーニングコーチの訪問を受け、「うれしい。僕は行かないな」と穏やかに笑った。

最新一覧