プロ野球

【侍ジャパン】稲葉篤紀監督、日本ハム・清宮にGOサイン「順調」

ヤクルトキャンプを訪れ、小川監督と握手する稲葉監督

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が11日、日本ハム・清宮のトップチーム初選出に前向きな考えを示した。1月下旬にメキシコ戦(3月9、10日・京セラD)の候補にリストアップ。キャンプイン後は右手首の状態を注視してきたが、「以前は手首が良くないと聞いていたが(現在は)良さそうですし、順調にきていると思う」と初招集に“ゴーサイン”が出る見通しとなった。日本ハムの帰国後、指揮官自ら実戦をチェックした上で最終決定する。

 この日はヤクルトの浦添キャンプ、DeNAの宜野湾キャンプを訪れ、海外の日本ハムを除く11球団の視察を終えた。その後は読谷の中日2軍キャンプに出向き、小笠原2軍監督、ドラフト1位の根尾らとあいさつ。稲葉監督から激励を受けた根尾は「早くけがを治して、と言っていただきました」と話した。

最新一覧