プロ野球

【ロッテ】ドラ2東妻、剛球披露 ブルペン捕手驚き「140キロは出ていた」

ブルペン入りしたロッテのドラフト2位・東妻

 ロッテ新人合同自主トレ3日目の13日、ドラフト2位の東妻勇輔投手(22)=日体大=がブルペン入りし、捕手を立たせて21球を投げ込んだ。

 170センチと小柄な体格ながら、最速155キロのスピードボールが最大の武器。ボールを受けた味園博和ブルペン捕手は「大砲みたい。140キロは出ていたと思う。初投げであれだけ投げられたら大したもの。真っすぐも重い」と絶賛した。

 1年目から「70試合登板」を目標に掲げる即戦力右腕が持ち前の馬力を披露した。

最新一覧