高校野球

今秋ドラフト注目の「BIG4」 創志学園・西160キロ出す!星稜・奥川は日本一だ

西日本の高校生NO1投手として注目される創志学園・西

 新元号初のドラフトは高校生の「BIG4」に注目だ。昨年の甲子園で活躍した創志学園(岡山)の西純矢と星稜(石川)の奥川恭伸は、ともに最速150キロを誇る。大船渡(岩手)の最速157キロ右腕・佐々木朗希(ろうき)、横浜(神奈川)のMAX153キロ左腕・及川(およかわ)雅貴(いずれも2年)ら、高校生投手が豊作な2019年。スポーツ報知が厳選した今秋ドラフト候補100人と併せて紹介する。

 西日本の高校生NO1投手が創志学園の西だ。進路は「プロ一本」という今秋ドラフト1位候補は「夏の甲子園で日本一になるために練習している。個人としては春に155キロ、夏に160キロを投げる」と、高校生では花巻東(岩手)の大谷翔平(現エンゼルス)以来、2人目の大台到達を目標に掲げた。

 阪神にFA移籍した西勇輝投手を遠戚に持つ、最速150キロ右腕が注目を集めたのは、今夏の甲子園だ。創成館(長崎)との1回戦で4安打16奪三振で完封。2年生投手が16K以上で無四死球完封をしたのは、1948年の学制改革以降初だった。下関国際(山口)との2回戦では、ド派手なガッツポーズを球審に注意され、9四死球と制球を乱して4―5で敗れた。

 大会後、学校にはガッツポーズに関する苦情の手紙が届いた。長沢宏行監督(65)に見せてもらい「指導をしていない監督が悪い、と書いてあって申し訳ない気持ちになった」と心を痛めた。一方で「高校生だから感情を出すのは仕方がない」という好意的な手紙に励まされた。秋季大会では「ベンチ裏で『よっしゃ~』と言っていた」と、マウンド上でのガッツポーズは封印。11月中旬からは月に1度、西だけメンタルトレーナーの指導を受けるようになった。

 昨秋の中国大会準決勝で広陵(広島)に0―7で8回コールド負けしたため、センバツ出場は絶望的。最後の夏に向けて鍛錬を続けている。お手本は日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手で「下半身がしっかりしていて、肘の使い方もうまい。回転がいい、伸びる球が投げられたら」と、映像をよく見ている。「大船渡の佐々木、星稜の奥川とかには負けられない。超さなければいけない相手」と、世代NO1の称号をつかむ。(伊井 亮一)

 ◆西 純矢(にし・じゅんや)2001年9月13日、広島市生まれ。17歳。鈴が峰小2年時に「鈴が峰レッズ」で野球を始め、阿品台中では「ヤングひろしま」に所属。3年時に「NOMO JAPAN」に選出される。巨人・高田萌生にあこがれて創志学園に進み、1年春からベンチ入り。好きな選手はドジャースの前田健太。好きな球団は広島。球種は得意のスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、ツーシーム。184センチ、85キロ。右投右打。家族は母と弟。

 ◆星稜右腕・奥川、フォーク取得でプロ入りに弾み

 6日に60球の新年初投げで始動した奥川は、「日本一を目標にやっています」と高校最後の1年の決意を口にした。目指す投手像は「甲子園で勝てる投手」。チームとしても、個人としても、日々の練習から「日本一」を意識している。

 昨年のセンバツで甲子園デビュー。昨夏の甲子園では2試合に先発し、自己最速の150キロを記録。2年生で唯一、U―18日本代表に選出された。昨秋は、北信越大会準々決勝・松本第一(長野)戦で初回先頭打者から10者連続三振を奪う異次元の快投を見せ、11月の明治神宮大会では3試合に投げ15回1/3、26奪三振で準優勝に貢献した。

 甲子園での「全国制覇」の先に、プロの舞台を見据える。「ドラフトでは欲を言えば1位か2位で選ばれたい」と控えめだが、高校生離れした高い次元の投球を追究している。昨秋に新たな武器として封印を解いたフォークは「まだ『落ちる』という確信はなく、ただ挟んで投げているだけ。落ちる幅も分かった上で、狙った所に落とせる精度を目指している」。出場を確実としている3月のセンバツで「冬場に成長した姿を見せたい」と進化を証明するつもりだ。(勝田 成紀)

 ◆奥川 恭伸(おくがわ・やすのぶ)2001年4月16日、石川県かほく市生まれ。17歳。宇ノ気小2年から宇ノ気ブルーサンダーで野球を始め、内野手兼投手。宇ノ気中1年冬から投手に専念し、3年時に全国中学校軟式大会優勝。星稜高では1年春の北信越大会で公式戦初登板。2年春夏に甲子園出場。趣味は釣り。好きなプロ野球選手は田中将大(ヤンキース)。50メートル走は6秒5。遠投は100メートル。183センチ、84キロ。右投右打。家族は両親と兄。

 ◆大船渡右腕・佐々木&横浜左腕・及川も

 「BIG4」の中でも、佐々木の将来性が群を抜いている。189センチの長身から投げ降ろす直球は、高校2年生では歴代最速とされる157キロを計測。50メートル5秒9の俊足を誇り、身体能力はズバ抜けている。進路についてはすでに国内プロ一本を明言。「次の目標は160キロオーバー。スピードに関しては自分が一番でいたいんです」と話している。及川は昨秋の関東大会で8強入り。今春のセンバツ出場の可能性を残す。

 大学生では、2年時から侍ジャパン大学代表入りしている明大・森下暢仁、東北福祉大・津森宥紀の両右腕の評価が高い。また、東洋大・佐藤都志也、東海大・海野隆司、立大・藤野隼大ら捕手に好素材がそろう。

 社会人では、JR東日本の153キロ右腕・太田龍、東海理化の152キロ右腕・立野和明、JFE西日本の148キロ左腕・河野竜生の高卒3年目トリオが順調に成長。大卒2年目の東芝・宮川哲も含め、ドラフト上位候補となりそうだ。

最新一覧